「広告」  

IFTTT 利用の Blogger + SNS 外部サービス 連携 で、「LINE 読者」「Twitter 自動投稿」「更新Ping」「Feedly 購読」機能を実現!

IFTTT Catch-Image (Png)

 Blogger の設定に「SNS を含めた 外部サービス連携」と「更新Ping」の項目が無い事を知ったときは唖然としたが、少しググって "IFTTT" というサービスを利用すれば何とかなりそうだと...
 "IFTTT" は「イフト」と読むそうで、既存の連携サービスを「レシピ」と呼び、『This(入力)レシピ:トリガー』と『Then, That(出力)レシピ:アクション』を組み合わせて やりたい事を実現する。 「トリガー」「アクション」共に400種類以上が用意されていて、「トリガー」と「アクション」の組み合わせは「アプレット(Applets)」と呼ばれる。

 ほとんどの「アプレット」が 1アカウントごと 3アプレット まで無料 なため、有効活用して欲しい。 ( ただし、「クエリ」、「条件付きロジック」、「複数のアクションを持つマルチステップアプレット」の作成は 有料プランのみ対応 )

 「レシピ」というだけあって骨組みは既に出来ているため、足りない部分を付け足すか若干の調整を行うだけで、すぐに利用可能だ。  できること全てを調べたら時間がかかるため、「やりたい事を実現できるか」調べた方が速いと思う。 具体的には、"IFTTT" と組み合わせたいサービス2つ、「計3つのキーワード」で検索すれば良い。

 Webサービスだけではなく、 iPhone / Android 用のアプリ(一部有料)も提供されていて、筆者は(Webサービス自体の URL を忘れそうなため) iPhoneアプリ を用いて設定した。 メールアドレスを登録しなくても Apple IDGoogleアカウントFacebookアカウント でログインして "IFTTT" サービスが利用可能なため、Blogger ユーザーには「Googleアカウント」ログインを推奨する。

 唐突だが、2015年6月から2020年までの「旧ブログ」は ライブドアブログ を利用していて、 Blogger の仕様をふまえ 2つに分割する事を決めた。 マンパワーが無いため完全移行ではなく、2021年以降の投稿は Blogger サービスを利用。 ちなみに、「もう一つのブログ」が旧ブログ名「ガジェおた」を引き継いでいる。

 前振りが長くて申し訳ない。 ライブドアブログ の「ブログ設定」メニューからできることが、 Blogger の「設定」には存在しないことが判った。 そのうちの3機能を "IFTTT" で代用した「まとめ」が今回の記事で、筆者の備忘録も兼ねている。

 以下 目次の 「Feedly 購読...」 以外は 新規投稿のあと「手動」で行うことも可能だが、(忙しいと忘れがちだし)「自動」でできるのならばそれに越したことはない。 残念ながら、(目次最後の)新規投稿時の LINEグループ通知を「読者」が受け取るには、高いハードルがある!



「Feedly 購読」 以下3機能実現のトリガーでもあるため、「Feedly 購読 ボタン」を作成して フィード を確認

(RSS)フィード とは? 「RSSリーダー」は Feedly と Inoreader が有名!

 現在主流なのは RSS1.0 RSS2.0 Atom の3種類の規格で、これらを総称して Feed (フィード)と呼ぶことがある。
 Blogger の「SNS を含めた 外部サービス連携」機能は フィード のみ で RSS(Atom)フィード が 今回は "IFTTT" の トリガー となるため、先に フィード を確認しておく。 (RSS)Feed はウェブコンテンツのニュースヘッドラインを効率的に配信・受信するために使われていて、配信を受信して閲覧する方法は一般的に「RSSリーダー」といわれるソフトやアプリを活用する。 また、ブログやホームページにRSSで取得した情報を埋め込み表示することも可能だ。

 2021年現在、「RSSリーダー」の主流は Feedly (英語版)で、次に 日本語対応している Inoreader が有名らしい。 「RSSリーダー」と接続するための URL は ブログサービスごとに決まっていて、Blogger の場合は以下の2種類が利用可能。 独自ドメインの場合も載せておく。 「blogname」を自分のブログのURLに従って置き換え、「example.com」も自分のブログのURLに従って置き換えて欲しい。 Blogger 以外のブログは、以下サイトのツールで 同 URL を取得できるはず 。


フォーマットURL
Atomhttps://blogname.blogspot.com/feeds/posts/default
RSS 2.0https://blogname.blogspot.com/feeds/posts/default?alt=rss

フォーマットURL
Atomhttps://www.example.com/feeds/posts/default
RSS 2.0https://www.example.com/feeds/posts/default?alt=rss

フィード 確認も含め、「Feedly 購読ボタン」を作成!

 上記サイト通り、 Step2 の FeedURL に上の表の RSS2.0 の URL を設定すれば、「Feedly購読」ボタンのソースコードを取得可能で、コピーして Blogger の場合は「HTMLビュー」にて貼り付け。
デザインがお気に召さない場合は 自作のアイコン画像をアップロード後、 imgタグの src="" 内にそのURLを貼り付ければよい。 (筆者作成のアイコン画像が、2つ目のボタン) Subscribe to this blog on Feedly! Subscribe to this blog on Feedly!

 プレビューして、緑のアイコンが表示されたら、一時的に「公開」して そのアイコンを実際にクリック。 下記のような「RSSリーダー」表示の画面(最新記事がいくつか表示される)が開いたら成功ですので、そのまま閉じても大丈夫。 そのまま閉じた場合、Feedly サービスには何も登録されません。

Feedly_page


 【2021/12/15 追記】 Inoreader の場合のリンク 

 (a) Bloggerで「 URL末尾が blogspot.com 」の方のサンプル
  https://www.inoreader.com?add_feed=https%3A%2F%2Fmac-excel-vba.blogspot.com%2Ffeeds%2Fposts%2Fdefault%3Falt%3Drss

 (b) Bloggerで独自ドメイン取得済みの方のサンプル
  https://www.inoreader.com?add_feed=https%3A%2F%2Fwww.gadgets-geek.net%2Ffeeds%2Fposts%2Fdefault%3Falt%3Drss


「Inoreader Logos」アイコン(PNG、JPG、SVG)等のダウンロードは以下から!





「更新Ping」 新規投稿時に自動で Ping を打つ機能で、ランキングサイト や 検索サービスとの連携で必要

 "IFTTT" の トリガー として「 RSS Feed 」、アクションに「 Webhooks 」レシピを適用し、連携が必要なサービスに向けて「更新Ping」を打つ。
ちなみに、"IFTTT" は IF This Then That の略称だと判明。 "This" が トリガー、"Then" と "That" が アクション だ。

Blogger RSS Ping 連携1

実際にアプレットを作成したのは iPhone のアプリからだが、追加したアプレットの説明はWebサービス画面にて説明する。 まずは、 https://ifttt.com  に、 Googleアカウント等でログインする。 中央に "Created by me (3 of 3)" と表示されるのは、無料版では3つまでアプレットを登録可能だから。 そのアプレット(長方形)の右下に、左から LINE Twitter Webhooks を示す小さなアイコンに気付いただろうか? また、その左側には RSSフィード のアイコンもあり、それぞれ トリガー アクション に設定したレシピを端的に表している。 Webhooks のアイコンには馴染みがないかもしれないが、そのアプレットをクリックして選択する(当画面だと、一番右側のアプレット)。

Blogger RSS Ping 連携2

 上記画面の右上「Settings」アイコンをクリックすると、アプレットに登録した内容の変更と確認が可能。

Blogger RSS Ping 連携3

 上記画面の「If」部分をクリックするとトリガーの変更と確認が、「Then」部分をクリックするとアクションの変更と確認ができる。

Blogger RSS Ping 連携4

 トリガーに「RSS Feed」の「New feed item」レシピを選択した場合、設定は「Feed URL」のみで ここには (RSS) フィード の表の Atom URL を間違えずに入れる。

Blogger RSS Ping 連携5

 アクションに「Webhooks」の「Make a web request」レシピを選択した場合、設定するのは「URL」のみで ここには ランキングや検索サービスの「Ping送信先」の URL を間違えずに入れる。 参加しているランキングの管理画面、検索サービスの場合は調べれば「Ping送信先」は判明するはず。 「URL」以外はデフォルトのままで変更する必要は無い。 「Ping送信先」の URL に Ping を打つと、相手のサービスに「指定ブログ変更」の通知がされる。 なお、更新Pingをたくさん打たれると迷惑なので、「URL」の一部をマスキングしている。

 「今回のアプレット作成」がまだ不安な方は、次のサイトがオススメ!



「Twitter自動投稿」 新規投稿時に 自動 tweet

Blogger RSS Twitter 連携1

 "IFTTT" の トリガー として「 RSS Feed 」、アクションに「 Twitter 」レシピを適用し、新規投稿時に「自動ツィート」を行う。
上記画面の「If」部分をクリックするとトリガーの変更と確認が、「Then」部分をクリックするとアクションの変更と確認ができる。 (注)トリガー設定は、「更新Ping」と全く同じ

Blogger RSS Twitter 連携2

 トリガーに「RSS Feed」の「New feed item」レシピを選択した場合、設定は「Feed URL」のみで ここには 1. の表の Atom URL を間違えずに入れる。

Blogger RSS Twitter 連携3

 アクションに「Twitter」の「Post a tweet」レシピを選択した場合、設定できるのは「Tweet text」のみ。 「Add ingledient」ボタンにて、 フィード から引き継いだタグの追加が可能。 タグのドラッグ&ドロップで位置を入れ替えることができ、キーボードから「任意の文言(ブログを更新しました!)」の追加・変更もできる。

 以下画面は、「Twitter自動投稿」のサンプルです!

Twitter Tweet Sample png

 「今回のアプレット作成」がまだ不安な方は、次のサイトがオススメ!



「LINE 読者」 新規投稿時に自動で 自作成の指定グループに LINEメッセージを送信

新規投稿時、自作成の「購読専用グループ」に LINEメッセージ を送信するための "IFTTT" の設定

IFTTT_Feed_LINE1

 "IFTTT" の トリガー として「 RSS Feed 」、アクションに「 LINE 」レシピを適用し、新規投稿時 LINE「購読専用グループ」に LINEメッセージ を送信する。
上記画面の「If」部分をクリックするとトリガーの変更と確認が、「Then」部分をクリックするとアクションの変更と確認ができる。 (注)トリガー設定は、「更新Ping」と全く同じ

IFTTT_Feed_LINE2

 トリガーに「RSS Feed」の「New feed item」レシピを選択した場合、設定は「Feed URL」のみで ここには 1. の表の Atom URL を間違えずに入れる。

IFTTT_Feed_LINE3

2021/05/12 "Photo URL" に設定している EntryImageUrl を削除! (Bloggerの場合、EntryImageUrlタグの中身が空のため)

 アクションに「LINE」の「Send message」レシピを選択した場合、設定できるのは3項目。 Message と "Photo URL" は 3. と同様の形式で設定が可能。 Recipient は初回は「1:1でLINE Notifyから通知を受け取る」を選択して、一度アプレットを保存。

 LINE にアクセスすると「LINE Notify」グループが表示され、グループを開くと "IFTTT" と 「LINE Notify」グループとの連携が完了したのが判る。
次に、自作成の LINE「購読専用グループ」に「LINE Notify」グループを招待して、即時参加を確認する。
筆者の場合は、 LINE「購読専用グループ」として、新たに「LINE RSSリーダー ( アタル )」 グループを作成した。

IFTTT_Feed_LINE4

2021/05/12 "Photo URL" に設定している EntryImageUrl を削除! (Bloggerの場合、EntryImageUrlタグの中身が空のため)

  "IFTTT" の最後の設定画面を表示させ、今回は Recipient に「LINE Notify」グループを招待した自作成の LINE「購読専用グループ」を選択して、アプレットを更新保存。
以上で、"IFTTT" の設定は完了!

 「今回のアプレット作成」がまだ不安な方は、次のサイトがオススメ!



「LINE読者ボタン」の機能は 筆者と「LINE友だち」になって頂いた後、筆者が招待する「購読専用グループ」にグループ参加が必要に!

 残念ながら、あらかじめ「LINE友だち」になって頂いた後、筆者が招待する「購読専用グループ」にグループ参加してもらう」必要がある。 (サービスダウンとなるが) ライブドアブログ で「LINE友だち」でなくとも可能なのは、ライブドアブログ の運営は現在 LINE が行っているからだ。 同一会社の強みで「LINE友だち」になること無く「LINE読者」機能を実現できており、 Blogger を含む他会社は(セキュリティをふまえ、現状)マネできない。

 2021年5月11日以降、筆者と「LINE友だち」になって頂いた方には「購読専用グループ」に招待します!  当ブログ の新規投稿通知を LINE で受け取りたい方は、招待したグループにご参加ください。 なお、Blogger にて筆者が運営する ガジェおた ブログの新規投稿通知も送信されますが、合計でも 数回/週 の予定ですのでご了承ください。

 以下画面は、LINE「購読専用グループ」にメッセージされたサンプルです!

Line Message Sample png

 それでは、「LINE友だち」追加用の [友だち検索 ID] と [QRコード] です。
どちらかを利用して 筆者と「LINE友だち」になって頂いたら、新記投稿通知用の「LINE RSSリーダー(アタル)」グループに招待します。

 [LINE の友だち追加]-[友だち検索] にて 「ID」 を選択し、 gadgets-geek にて検索できます!
( この ID は旧ブログ時代に取得したもので、新ブログ名( gadget-otaku )と異なるIDになってしまいました )

LINE_id_QRcode

 同時に、匿名で参加可能な「LINE オープンチャット」も開設しましたので、「LINE友だち」にはなれない方も含めて ぜひご参加ください!
対応が遅くなるかもしれませんが質問等受け付けますし、(できる限り手動で)新規投稿の通知を書き込みますので...
以下に「LINE オープンチャット」参加用の QRコード を表示しますので、クリックして拡大画像を読み取りください。

LINE_chat_QRcode

 以上、「LINE読者」を検討して頂いただけでも、感謝いたします。 ありがとうございました!





Macブログ ランキング アイコン
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。 また、お越しくださいませ。
// アタル
For follow LINE Reader Group!Subscribe to this blog on Feedly!

Next Post Previous Post
1 Comments
  • アタル
    アタル 2022年4月22日 13:32

    2021/12/21 時点で、 フリープラン 3つ➡️5つ 無料を確認済みです👍

Add Comment
comment url
  「広告」